Home お知らせ 公立保育所等トップセミナー、主任主幹保育者研修会が開催されました

公立保育所等トップセミナー、主任主幹保育者研修会が開催されました

去る平成28年10月27日(木)に、青森市・アップルパレス青森3F「ねぶたの間」にて、公立保育所等トップセミナー、主任・主幹保育者研修会が併催され、274名の方にご参加いただきました。

午前中は全国保育協議会 副会長、青森県保育連合会 会長 佐藤秀樹より「公立保育所・認定こども園等の保育をめぐる現状と課題」と題し、0~2歳児の子どもが待機児童の大半を占めている事や、保育士定数や配置基準の改善等について等、基調報告を行いました。

 午後は 大妻女子大学・大学院 兼任教授 阿部和子 氏を講師に「保育所保育指針の改定のポイント~子どもの発達と保育の内容を中心に~」と題した講義と、「保育の向上にむけて。 ~保育を言語化する。その意義と取り組み~」と題した講義・グループワークが行われました。
 グループワークではポストイットを使用する「KJ法」を活用し、6名程度のグループに分かれ、保育現場での事例を基に保育を言語化するワークを行いました。

 参加者からのアンケートでは「グループワークは色々な意見を聞くことが出来てとても勉強になりました。」「日々の保育を見つめ直す良い機会になりました」等の意見が寄せられました。
 参加された皆様、ありがとうござました。
dscf4247dscf4252dscf4260dscf4249

Print Friendly, PDF & Email