Home お知らせ 肥満予防保育・個別支援計画の取組・成果の普及啓発のための研修会が開催されました。

肥満予防保育・個別支援計画の取組・成果の普及啓発のための研修会が開催されました。

去る平成28年11月30日(水)、12月7日(水)、

青森市と八戸市で 肥満予防保育・個別支援計画の取組・成果の普及啓発のための研修会が開催されました。

今回の研修は、9月16日(金)、23(金)に青森市、八戸市で開催された研修を踏まえたものとなっており、

青森市は県民福祉プラザ4F 大研修室にて開催され、40名の方が、

八戸市は八戸市公民館 会議室1・2・3にて開催され、52名の方が参加されました。

 

両日ともに個別支援についてが主な内容となり、まず初めに青森県保育連合会 給食部会長 佐藤洋子 より

9月に開催された第一回の研修のアンケートの結果について、個別支援の目的や方法についての説明がありました。

dscf4417

 

個別支援についてのロールプレイの動画を見た後、グループに分かれてロールプレイの感想や内容における課題、

アプローチの方法について話し合い、3グループの代表者に発表をしていただきました。

dscf4424

 

その後、松原保育園、春日台保育園、野木和保育園の3園による実際の個別支援の事例発表を行い、

参加者はA・B・Cプランの中から、それぞれ興味を持ったプラン毎に分かれ、実施園で実際に使用した物を

見ながら話を聞いたり、参加者からも積極的に質問をする姿が見られました。

 

dscf4489

dscf4493

 

最後に、青森県立保健大学 教授 吉池信男 氏から実施にあたってのポイントのアドバイスを受け、

研修会は終了となりました。

 

dscf4450

 

アンケートには「まずは保護者に気づいてもらう事から始めればいいのだと思った」

「プログラムAの話を聞いて自分の園でもやってみたいと思った。」等、前向きな意見もあった反面、

「給食職員との話し合いが少なく、一緒に取り組めない」

「保護者が自分の子は肥満ではないと思っている為話を切り出しづらい。」と言った支援を行うに

あたっての課題や問題も多く見られました。

 

課題、問題に関する解決策は、施設全体での支援、家庭との密なやり取りが不可欠だと感じた研修でした。

今年度の肥満予防保育に関する研修は本研修で終了の予定となっております。

Print Friendly, PDF & Email