一般社団法人青森県保育連合会
Home Archives 2017 7月

Monthly Archives: 7月 2017

平成29年度主任・主幹保育者研修会が開催されました

 

平成29年7月21日(金) 青森市 アップルパレス青森 にて、

主任・主幹保育者研修会を開催しました。

今回は講師として 大妻女子大学・大学院 兼任教授 阿 部 和 子 氏、

全国保育協議会 保育施策特別委員会 委員長 佐 藤 秀 樹 氏 にお越しいただき、

276名の方が参加しました。

 

午前中は、 阿部 和子 先生による

子ども・子育て新制度下における「乳幼児の教育・保育」

-新教育要領、保育指針、教育・保育要領から考える-

と題した講義となり、改定(改訂)の時代背景についてや、

指針等の内容についてお話ししてくださいました。

IMG_0530

 

午後は、 佐藤 秀樹 先生による

「保育所保育指針等の改定(改訂)のポイントと保育所等の役割」

と題した講義となり、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領、

幼稚園教育要領それぞれの違いや、従来までの保育所保育指針等から

変更となった点や、初めて記載された項目についてお話ししてくださいました。

IMG_0545

 

参加者からは

「子どもにとって「生活と遊び」がとても大切であることがよく理解できました」、

「わかりやすい解説だったが、今後保育をしていくにあたって、

色々な課題があり、悩ましかった」、

「3指針、要領の整合性が図られた部分、違いなどを丁寧にお話頂き、

理解する事ができました」

等の感想が寄せられました。

 

参加された皆さん、お疲れ様でした!

 

平成29年6月28日(水) 青森市 ホテル青森にて、保育実技研修会を開催しました。

今回は講師として 幼児教育専門家 の 熊丸 みつ子 氏 にお越しいただき、256名の方が参加しました。

 

午前中の講演では、生きる力の基礎を身に付けるときだからこそ親や大人をイライラさせるが、

子どものやる事に無駄はないという事をお話しくださいました。

 

そして、子どものやる事にイライラするのは順調であり、やってはいけない事をやり、叱られて学ぶ、

良い事をして褒めてもらい、良い事を学ぶので、その都度やって良い事悪い事を、

叱って褒めて伝えていく事が大事であり、保育者という仕事は、人を信じる気持ちを

育ててあげる仕事だとおっしゃっていました。

 

IMG_0121

午後の実技では熊丸先生自ら軽快でアップテンポなピアノ伴奏をしながら、

参加者同士でペアを組んでコミュニケーションを図ったり、

身近な新聞紙等を材料にした遊びが繰り広げられました。

 

IMG_0170

IMG_0204

IMG_0384

研修会の終盤には、

「私をイライラさせてくれる子どもも順調だと思い、信じて自分らしく保育をしましょう。

保育を義務でやることは楽しくない、あなたも楽しみなさい」

というお話しをしてくださいました。

 

参加者からは「“イライラするのも「順調」”という言葉に救われた」、

「実技が身近なものでできる簡単なものばかりだったので今後の保育にぜひ活用したい」

等の感想が寄せられました。

 

保育者自身も自分らしく頑張れと、励ましをいただいた、そんな研修となりました。

参加された皆さん、お疲れ様でした!

 

お名前 (ペンネームOK)

職名 (必須)

その他を選んだ方はこちらにご記入ください

地域

質問内容
  

平成29年6月12日(月)、青森県保育研究大会が青森市のホテル青森にて開催されました。

受付の近くでは、ホイップルンちゃんがお出迎え。

IMG_0009

 

参加者の中には、ホイップルンちゃんと並んで記念撮影をしている方も居ました。

 

受付が終わり、いよいよ開会式です。

今期より県保連会長となった 渡 邊 建 道 会長の挨拶が終わった後は、

研究奨励賞、保育精励賞を受賞された20名の方の表彰式を執り行いました。

IMG_0046

 

ご来賓紹介、そして祝辞をいただいた後は、各分科会に分かれての研究発表が始まりました。

分科会の内容としては、第一分科会が「うちでも食べられたよ!」(おいらせ町)と「子ども『そだち』につながる食育の取りくみ」(むつ市)、第二分科会が「異文化交流を通して英語を楽しむ」(中泊町)と「非認知能力を伸ばす保育(教育)の在り方について」(平川市)と「育つ・育てる・育ちあう」(青森市)、第三分科会が「絵本で繋ぐ、絆を紡ぐ」(十和田市)と「『幼児と歌』“人と一緒は快い”」(八戸市)の7組でした。

DSC_0057  IMG_0094

分科会終了後は とき歯科 副院長 土岐志麻 氏による講演が行われ、食事の際に丸のみをする、よく噛まない等の問題点について、食事をする上での気をつける点を整理しながら講演くださいました。

IMG_0076

歯と食事からわかる発達についての講演には「姿勢や癖などから口腔筋に影響が及び、食生活へ影響が出る事がわかった」「家で出来る口腔トレーニングの話がとてもおもしろかった」等と言った感想が寄せられていました。

 

 

最後に、会長より講評と代表者選出・紹介がなされました。(平川市と十和田市の2組を北海道・東北ブロック保育研究大会代表者に選出)

 

ご参加された皆様、お疲れ様でした。