青森県保育連合会

ご挨拶


青森県保育連合会
会長 渡邊 建道 (五所川原市 みどりの風こども園ひろた 園長)

 

平成から令和へ、新しい時代が始まっています。平成27年度から施行された子ども・子育て支援新制度は第1期5年を終え、令和2年度からはいよいよ第2期へと突入します。昨秋から始まった幼児教育と保育の無償化は2年目を迎えます。改定保育所保育指針や改訂幼保連携型認定こども園教育・保育要領は施行から3年目を迎え、小学校との円滑な接続をより一層考慮した保育・教育の実施が求められています。更に、社会福祉法人には地域における公益的な取り組みや法人間の連携により経営基盤の強化が社会から強く求められています。

このように令和の保育をめぐる制度政策上の動きには目まぐるしいものがある中、保育の現場は、厳しい少子化や保育者不足が相まって、依然として問題や課題が山積しています。発達障害、食物アレルギー、慢性疾患を有する子、喀痰吸引や経管栄養等の医療的ケアを要する子、精神疾患を有する親の養育下や貧困家庭にある子、面前DVを含む虐待や不適切な養育が懸念される子など、私たち保育者が向き合うべき子ども・子育ての様相は、日々、多様化、複雑化、深刻化の一途にあります。また、新型コロナウイルス感染症をめぐっては、登園自粛の要請や臨時休園、アルコール消毒液やマスクの備蓄のあり方、保育時の密集や密接の回避等、新たな課題を生じさせることとなりました。

特に、今年度以降は、withコロナを前提とした新しい生活様式を踏まえた新たな保育の日常が展開される中で、とりわけ感染症パンデミックや災害時を含めた幼い子どもたちの健康と安全の確保、そして保育士等の専門性の向上のための研修のあり方が重要な課題になっていくものと思われます。

以上のような諸情勢を踏まえ、県内の保育所及び認定こども園等のほぼ9割が加盟する本会は、430施設余りの会員施設及び県内6支部と連携・協働しながら、また、更には行政をはじめ保育団体や保育者養成校等の関係機関・団体と連携を図りながら、各事業について強力に推進して参ります。

研修や事業の報告

ご案内

〒030-0822
青森県青森市中央3-20-30県民福祉プラザ5F
TEL:017-734-2350
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 青森県保育連合会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.