青森県保育連合会

組織及び活動

組織及び活動

1・基本方針

平成から令和へ、新しい時代が始まっています。平成27年度から施行された子ども・子育て支援新制度は第1期5年を終え、いよいよ第2期へと突入します。昨秋から始まった幼児教育と保育の無償化は2年目を迎えます。改定保育所保育指針や改訂幼保連携型認定こども園教育・保育要領は施行から3年目を迎え、小学校との円滑な接続をより一層考慮した保育・教育の実施が求められています。更に、社会福祉法人には地域における公益的な取り組みや法人間の連携により経営基盤の強化が社会から強く求められています。

このように令和の保育をめぐる制度政策上の動きには目まぐるしいものがある中、保育の現場は、厳しい少子化や保育者不足が相まって、依然として問題や課題が山積しています。発達障害、食物アレルギー、慢性疾患を有する子、喀痰吸引や経管栄養等の医療的ケアを要する子、精神疾患を有する親の養育下や貧困家庭にある子、面前DVを含む虐待や不適切な養育が懸念される子など、私たち保育者が向き合うべき子ども・子育ての様相は、日々、多様化、複雑化、深刻化の一途にあります。また、新型コロナウイルス感染症をめぐっては、登園自粛の要請や臨時休園、アルコール消毒液やマスクの備蓄のあり方等、新たな課題を生じさせることとなりました。

以上のような諸情勢を踏まえ、県内の保育所及び認定こども園等のほぼ9割からなる本会は、会員施設及び県内6支部と連携・協働しながら、また、更には行政をはじめ保育団体や保育者養成校等の関係機関・団体と連携を図りながら、各事業について強力に推進して参ります。

2・諸会議の開催

1.定 期 総 会 年1回
2.臨 時 総 会 必要に応じて開催
3.理 事 会 年2回
4.常 務 理 事 会 年6回
5.正副会長会議 必要に応じて開催
6.部 会 会 議 総務広報部会  年6回、研修研究部会 年8回、保育部会 年5回、給食部会 年4回
7.その他の会議 監事監査会、県議会環境厚生委員との懇談会、県等の関係機関・団体との懇談会、県内の保育・幼稚園団体及び保育士養成校等との懇談会、プロジェクト2020実行委員会、NEXT会議等

3・各種会議への参加

1.全国保育協議会(全国保育士会)協議員総会
2.全国保育組織正副会長等会議
3.北海道・東北ブロック各県保育協議会会長会議、各道県正副会長会議
4.北海道・東北ブロック保育協議会幹事会
5.北海道・東北ブロック保育協議会(保育士会)各道県正副会長会議
6.県保育連合会支部総会、集会、研修会
※各支部の要望により、随時役員が支部に出向いて中央情勢等について説明をする。

4・研究大会・調査研究等の実施

1 北海道・東北ブロック 保育研究大会
2 全国保育士会研究大会
3 全国保育研究大会
4 第2回保育施設等実態調査

5・部会活動

1.総務広報部会

(1)保育事業振興対策事業
1)全国保育協議会と連携を深めながら、保育所や認定こども園をはじめ、子ども・子育てを取り巻く制度の充実や改善に向けた運動に参画する。
2) 地域における子育て支援の拠点として、また、子育て文化の中核を担う保育事業の重要性について広く県民に啓発すべく「保育のひろば」等の催事を展開する。
3) 国や県等の行政機関ならびに議会、保育関係団体、保育士養成校等との懇談会等を実施し、積極的な情報交換や提言等を行う。

(2)組織の強化推進
1) 保育のひろばを開催し、会員施設等との保育制度等に関する幅広い意見交換や支部活動への支援を行いつつ、保育組織の強化ならびに活動の充実を図る。
2)組織全体の事業推進や支部活動の支援等に伴う庶務を担当する。
3) 必要に応じて、規則・規定の見直しの検討を行う。
4) 中・長期的視点に基づき、事業全体の見直しの他、会費や会員規定等についての検討を進める。

(3)会員施設への情報提供・広報活動
1)機関紙『県保連だより』の発行(年2回:7月、12月)
2)機関誌『ほいっくす。』の発行(年1回:3月)
3)ホームページによる情報提供(随時更新)

(4)表彰事業
1) 青森県保育連合会表彰規程による表彰と全国保育協議会、全国保育士会長、青森県社会福祉協議会会長ならびにその他の表彰推薦を行い、功労者等の顕彰をする。

(5)印刷物・図書の斡旋等
1)児童票等の印刷物ならびに図書・書物等の斡旋を行う。

(6)その他
1)適宜、常務理事会及び他の部会の事業に参画・協働する。

2. 研修研究部会

(1)会員の資質向上と保育の質の向上に向けて、保育に関する制度や施設マネジメントの理解や、保育・給食等の職務遂行に必要な知識・技術を習得するため、以下の研修を実施する。
1 新任保育者研修会、保育実技研修会
2 保育者研修会
3 給食・食育研修会
4 主任・主幹保育者研修会、施設経営セミナー
5 小児保健・看護担当者研修会
6 次世代保育セミナー、保育・未来フォーラム
(2)保育や子ども、施設経営等に関する共同研究活動に参画し、または個人研究活動を進め、青森県保育研究大会や次世代保育セミナー等で研究成果の発表を行う。
(3)その他、適宜、常務理事会からの指示に基づき、明日の子ども・子育てを考える会議(仮称)、保育士等キャリアアップ研修等の企画・運営にあたる。
(4)適宜、常務理事会及び他の部会の事業に参画・協働する。

3. 保育部会

(1)保育士・保育教諭等、保育者に関わる研修会等の企画、運営に参画する。
(2)保育者の研修体系のあり方や保育者の社会的評価・地位向上等、保育に関する研究を進める。
(3)全国保育研究大会ならびに全国保育士会等の研究発表に参加する。
(4)適宜、常務理事会及び他の部会の事業に参画・協働する。

4. 給食部会

(1)給食担当者に関わる研修会等の企画、運営に参画する。
(2)保育施設における給食・食育の充実、アレルギーや食中毒等の給食事故防止等、保育施設給食に向けての研究を進める。
(3)全国保育研究大会ならびに全国保育士会研究大会等の研究発表に参加する。
(4)適宜、常務理事会及び他の部会の事業に参画・協働する。

6・受託事業の推進

(1)「地域の子育て支援の充実と福祉の向上に資すること」を図ることを目的として、青森市ファミリー・サポート・センター事業を青森市からの委託事業として運営する。
(2)平成31年度青森県保育士等キャリアアップ研修事業の参画を目指して準備を進め、事業受託の際には組織的・計画的な運営を進める。

7・各支部の活動

1)東青支部
総会・会議等|総会、役員会、総務部会、保育部会、給食部会、施設長会議、監査会、他

研修・講演
○施設長研修会
○主任・主幹保育者研修会
○新任保育者研修講座
○食物アレルギー食の知識を深め、調理実習を行う
○給食ガイドライン改訂版の内容確認
○食育で子育て支援!自園調理の優位性を考える
○食育、調理実習等の研修会
○低出生体重児の成長と支援

その他
○北海道・東北ブロック保育研究大会への協力
○全国保育士会研究大会への協力
○関係他団体との情報交換会等

2)津軽南支部
総会・会議等|総会、役員会、保育部会、給食部会

研修・講演
○ 施設長研修会
○ 保育技術研修会
○ 給食研修会

その他
〇県保育連合会の事業参加協力
〇支部内各団体への協賛、協力
〇青森県保育研究大会での発表

3)三八支部
総会・会議等|三八支部役員会議、地区保育会会議

研修・講演
○保育園の危機管理について
○保育研修会
○その他必要と認められる研修

その他
○青森県保育連合会「保育研究大会」の研究発表に向けた研究事業の継続、および会員の資質向上を目指し「保育をめぐる情勢」、「これからの保育の動向」等、幅広い研究会を継続して行う。

4)西北五支部
総会・会議等|総会、監査会、役員会、施設長部会、保育部会、給食部会、文化広報部会

研修・講演
○施設長研修会
○保育部会研修会
○給食部会研修会
○スポーツレクリエーション

その他
○北海道・東北ブロック保育研究大会

5)上十三支部
総会・会議等|支部会議、監査会、各地区役員会、部会、総会等

研修・講演
○発達障害を抱えるデザイナーを講師に迎えての講演
○運動能力についての研修
○児童虐待についての研修
○調理実習(発酵食品、非常食を使ったメニュー等)
○保健所より講師を招いての研修
○人材育成、愛着障害についての研修
○芸術鑑賞、子どもと行う芸術(実技)
○伝承遊びについての研修
○「現代の家庭を理解する ~課題のある家庭をどう支えるか~」

その他
○特になし

6)むつ支部
総会・会議等|総会、役員会、リーダー会議、施設長部会、主任保育士部会、保育士部会、給食部会、用務員部会、事務部会、看護師部会

研修・講演
○給食研修会(調理実習等)
○全職員研修会
○施設長研修会
○主任研修会
○保育士研修会
○その他、必要な研修会

その他
○関係機関との情報交換

研修や事業の報告

ご案内

〒030-0822
青森県青森市中央3-20-30県民福祉プラザ5F
TEL:017-734-2350
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 青森県保育連合会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.