青森県保育連合会

組織及び活動

組織及び活動

1・基本方針

児童福祉法が施行されてから70年が経ちました。
また、この国の保育の質と量の両面から豊かなものにしていくことを目的に施行された「子ども・子育て支援新制度」はすでに3年が経ちました。
けれども、この国の子どもを取り巻く状況は決して豊かなものとはなっていません。
大都市部では保育を受けられない子どもがあふれています。
産みたいのに産めない、働きたいのに働けない親もあふれています。
地方では少子化と人口減少化に反して、0歳、1歳の入園希望が年々増え続ける状況にありますが、都市部への新卒保育者の流出や企業主導型保育事業の出現等から、相も変わらず保育者は足りず、保育者は疲弊し、次第に保育は劣化の様相を帯びていくことが懸念されています。

このような中、平成29年度はこれまでの処遇改善に加え、保育者の定着や職場回帰をより一層図るため、保育士等のキャリアアップ研修と連動させての「処遇改善Ⅱ」が実施されました。

しかしながら、青森県においては2割強という予想以上に多い施設で「未実施」となっているように「施設間格差」があるだけでなく、全国の都道府県等でも研修体制整備の進捗状況に大きな開きがある中、早くも処遇改善対象職員やキャリアアップ受講の必須化が見直されるなど、本制度の不安定さが危惧されています。

更に、平成29年12月8日に閣議決定された「経済政策の2兆円パッケージ」に基づく幼児教育の無償化の議論は、3歳未満児の保育の無償化をも巻き込み、それよりもむしろ保育施設の拡充を求める強い声と相まって、いまだ確固とした道筋が示されていません。

また、平成30年度からは、改定保育所保育指針と改訂幼保連携型認定こども園教育・保育要領が施行され、保育所型認定こども園を含む保育所、幼保連携型認定こども園、そして幼稚園は、いずれも「幼児教育を行う施設」として、これまで以上に小学校との接続を意識した保育の実施が求められています。

加えて、平成30年1月23日には、通知「社会福祉法人による「地域における公益的な取組」の推進について」が改正されたことにより、保育所・認定こども園等が現在実施していることの多くが公益的な取組に含まれていることが明確になったものの、今後は、これらをいかに社会福祉法人としての取組へと整理していくかが問われてきます。

以上を踏まえ、本会は平成30年度、青森県内の保育所型認定こども園を含む保育所、幼保連携型認定こども園等の大半を会員として、連携、協働しながら事業を強力に推進して参ります。

2・諸会議の開催

1.定 期 総 会 年1回
2.臨 時 総 会 必要に応じて開催
3.理 事 会 年2回
4.常 務 理 事 会 年6回
5.正副会長会議 必要に応じて開催
6.部 会 会 議 総務部会 年6回、研修部会 年6回、文化広報部会 年6回保育部会 年5回、給食部会 年4回、プロジェクトNEXT 年6回
7.その他の会議 監査会、県内保育三団体懇談会、幼稚園団体及び保育士養成校との懇談会、県議会環境厚生委員との懇談会、国・県等の保育行政機関との情報交換会

3・各種会議への参加

1.全国保育協議会(全国保育士会)協議員総会
2.全国保育組織正副会長等会議
3.北海道・東北ブロック各道県保育協議会(保育士会)会長会議、各道県正副会長会議
4.北海道・東北ブロック保育協議会幹事会
5.県保育連合会支部総会、集会、研修会
※各支部の要望により、随時役員が支部に出向いて中央情勢等について説明をする。

4・研究大会等の実施

1 青森県保育研究大会
2 北海道・東北ブロック 保育研究大会
3 保育のひろば
4 全国保育士会研究大会
5 全国保育研究大会

5・部会活動

1.総務部会

(1)保育所振興対策事業
1)全国保育協議会と連携を深めながら、保育所や認定こども園をはじめ、子ども・子育てを取り巻く制度の充実や改善に向けた運動に参画する。
2) 地域における子育て支援の拠点として、また、子育て文化の中核を担う保育事業の重要性について広く県民に啓発すべく「保育のひろば」等の催事を展開する。
3) 国や県等の行政機関ならびに議会、保育関係団体、保育士養成校等との懇談会等を実施し、積極的な情報交換や提言等を行う。

(2)組織の強化推進
1) 保育のひろばを開催し、会員施設等との保育制度等に関する幅広い意見交換や支部活動への支援を行いつつ、保育組織の強化ならびに活動の充実を図る。
2)組織全体の事業推進や支部活動の支援等に伴う庶務を担当する。
3) 必要に応じて、規則・規定の見直しの検討を行う。
4) 中・長期的視点に基づき、事業全体の見直しの他、会費や会員規定等についての検討を進める。

(3)表 彰 事 業
1) 青森県保育連合会表彰規程による表彰と全国保育協議会、全国保育士会長、青森県社会福祉協議会会長ならびにその他の表彰推薦を行い、功労者等の顕彰をする。

(4)印刷物・図書の斡旋等
1)児童票等の印刷物ならびに図書・書物等の斡旋を行う。

(5)そ の 他
1)集会、フォーラムの実施

2. 研修部会

(1)会員の資質向上と保育の質の向上に向けて、保育に関する制度や施設マネジメントの理解や、保育・給食等の職務遂行に必要な知識・技術を習得するため、次の9つの研修を実施する。
1 青森県保育研究大会
2 保育実技研修会
3 主任・主幹保育者研修会
4 保育者研修会
5 新任保育者研修会
6 給食研修会
7 施設運営セミナー
8 次世代保育セミナー
9 保育研究フォローアップセミナー

3. 文化広報部会

(1)保育をめぐる制度改革や国の保育関連予算等の動向ならびに本会の研修事業等の有為な情報を、会員をはじめ、関係機関・団体、更には広く県民へ迅速かつ適正に提供すべく、他の部会・プロジェクトNEXT等と連携しつつ、以下の広報媒体を活用して計画的かつ弾力的に取り組んでいく。
1) 機関紙『県保連だより』の発行(年4回:7月、9月、11月、2月)
2) 機関誌『ほいっくす。』の発行(年1回:3月)
3) ホームページによる情報提供(随時更新)

4. 保育部会

(1)保育士・保育教諭等、保育者に関わる研修会等の企画、運営に参画する。
(2)保育者の研修体系のあり方や保育者の社会的評価・地位向上等、保育に関する研究を進める。
(3)全国保育研究大会ならびに全国保育士会の研究発表に参加する。

5. 給食部会

(1)給食担当者に関わる研修会等の企画、運営に参画する。
(2)保育所等における給食・食育の充実、アレルギーや食中毒等の給食事故防止等、保育所等給食に向けての研究を進める。
(3)全国保育研究大会の研究発表に参加する。

6. プロジェクトNEXT

(1)保育や子ども、施設経営等に関する、メンバー個人またはグループによる研究を進め、研修部会等と共催して青森県保育研究大会や次世代保育セミナー等で研究成果の発表を行う。

(2)必要かつ可能な範囲において県保連の諸事業(総務、研修、文化広報等)に参画し諸事業の推進に寄与すると共に、チームとしての機動性と事業実効性を発揮することで、会員からの更なる認知・理解を得る。

(3)適宜、常務理事会からの指示に基づき、研修・研究等の企画運営にあたる。

6・受託事業の推進

(1)「地域の子育て支援の充実と福祉の向上に資すること」を図ることを目的として、青森市ファミリー・サポート・センター事業を青森市からの委託事業として運営する。
また、その他、本会の目的及び事業等に沿うものについて、委託等があった場合は適宜運営する。

(2)平成30年度青森県保育人材キャリアアップ研修事業の参画を目指して準備を進め、事業受託の際には組織的・計画的な運営を進める。

7・各支部の活動

1)東青支部
総会・会議等|総会、役員会、総務部会、保育部会、その他の会議

研修・講演
○ 施設長研修会
○ 新任保育士研修講座
○ 保育士研修会
○ 給食研修会

その他
○ 永年勤続表彰
○ 保育士養成校との懇談会 他

2)津軽南支部
総会・会議等|総会、役員会、施設長部会、保育部会、給食部会

研修・講演
○ 施設長研修会
○ 保育技術研修会
○ 給食研修会

その他
○ 「保育のひろば」開催
○ 県保育連合会の事業参加協力
○ 支部内各団体への協賛、協力

3)三八支部
総会・会議等|役員会、地区保育会

研修・講演
○ 保育園の危機管理について
○ 実技研修会
○ 保育者研修会

その他
○青森県保育研究大会に向けた研究事業の継続

4)西北五支部
総会・会議等|総会、役員会、監査会、施設長部会、保育部会、給食部会、文化広報部会

研修・講演
○ 施設長研修会
○ 保育者研修会
○ 給食研修会

その他
○ 特になし

5)上十三支部
総会・会議等|支部会議、監査会、各地区役員会、部会、総会等

研修・講演
○ 「子どもの才能の見つけ方・伸ばし方」
○ 「輝ける子に育つとっても大切なこと」
○ 「大好きが伝わる褒め方、叱り方」
○ 「親子でのリズム体操」
○ 「子どもと一緒に楽しめる遊び方」
○ 「改正教育保育要領及び保育指針」~全体計画の理解から指導計画の作成~
○ 「バルーンアート実技研修」

その他
○ 特になし

6)むつ支部
総会・会議等|総会、役員会、リーダー会議、施設長部会、主任保育士部会、保育士部会、給食部会、用務員部会

研修・講演
○ 給食研修会(調理実習)
○ 全職員研修会
○ 施設長研修会
○ 主任研修会
○ 保育士研修会
○ 「乳児への適切な関わり」
○ 「家庭関係機関との連携」
○ その他、必要な研修会

その他
○ 関係機関との情報交換

研修や事業の報告

ご案内

〒030-0822
青森県青森市中央3-20-30県民福祉プラザ5F
TEL:017-734-2350
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 青森県保育連合会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.