1/28(火)、令和元年度施設経営セミナーがホテル青森(青森市)で開催されました。

 

 

司会は、富士見保育所の所長 藤田 俊彦 氏に務めていただきました。

初めに、青森県保育連合会 渡邊 建道 会長より開講挨拶があり、

引き続き「保育をめぐる情勢報告」についてお話しいただきました。

続いて、青森県保育士・保育所支援センター 鳴海 真緑 氏より

「青森県保育士・保育所支援センターの取組について」の報告がありました。

次に、「今どきの学生を知る…養成校における保育者育成との進路状況について」

という演題で 青森中央短期大学幼児保育学科 専攻科主任 准教授 伊藤 弓月 氏

よりご講演いただきました。

続いて、県健康福祉部こどもみらい課 児童施設支援グループ 総括主幹 齋藤 康道 氏より

「保育者確保促進に向けての青森県の各種取組について」の説明がありました。

続いて、青森県保育連合会 研修研究部会の 土屋 智裕 氏と 稲葉 綾子 氏より

「保育施設実態調査(速報)について 」、

青森県保育連合会 保育部会長の 黒沢 のぞみ 氏より「全国保育士会への加入促進について」の報告が

ありました。

 

 

午後は、事例発表「人材紹介会社の活用のしくみとその効果や問題」という演題で

認定こども園 南売市保育園 園長 野沢 宗巨 氏にご講演いただきました。

グループワークでは「保育者確保の現状と対策について」というテーマで

各グループで情報交換・意見交換が行われ、その後、発表及び全体討議が行われました。

 

最後に青森県保育連合会 渡邊 建道 会長より「人材確保は人財育成から」という演題で総括がありました。

参加者からは

「自分だけでは考えつかないアイデアや情報をたくさん得ることができた。」

「今の学生の状況、人材確保の為のリアルな情報を聴くことができて大変参考になった。」

といった感想が寄せられました。

特に、他の園の運営の仕方をグループワークで聴くことができて参考になったという感想が

多く寄せられました。

 

参加された皆さん、お疲れ様でした。